jsm

最適な問い合わせを

お問い合わせボタン 赤 (1)

社内外の問い合わせを最適化しませんか?

社内外の問い合わせが特定の人に集中していませんか?

もしくは問い合わせ方法がバラバラで、対応履歴が部署内でシェアされていないということはありませんか?

口頭やメールなどの1対1での対応では、部署全体としてのナレッジをためることができず、同じ問い合わせに対しての対応時間を短くすることができません。エンタープライズ規模での問い合わせ管理になると対応コストの影響をさらに受けることになります。

Jira Service Management を使うことによって、問い合わせ対応の最適化を可能にします。

ライセンス料金はこちら

My answer-cuate (1)

Designed by Freepik

ここから始まる、最適な問い合わせ

 

JSMのフォームでできること

 

 

主な機能:

 

①Jiraで内容をフォーマット化

連絡方法がまとまるので、Jiraに全ての問い合わせが来ます。それにより特定の一人に問い合わせが集中することがなくなるので、対応するチームにとっても、問い合わせをする側にとっても迅速な対応が可能になります。

②ナレッジ化しFAQを作成

JSMの問い合わせフォームを使用することにより、過去の類似する問い合わせに対するナレッジをためることができます。それにしたがってFAQを作成すると、問い合わせフォーム入力時にJSMがそれを自動提案します。したがって問い合わせ件数そのものを減らすことができます。

 

気軽な問い合わせが可能に

 

主な機能をご紹介:

 

①ライセンスは管理者のみ

JSMのライセンスが必要なのは管理者、つまり問い合わせに対応するチームメンバーのみです。必要なライセンス数が限られているので、費用を抑えることができます。

ライセンス料金はこちら

②社外の人とも繋がりやすい

社内の問い合わせはもちろん、社外の人とも繋がりやすいのがJSMの特徴です。社外から問い合わせをする際は、メールアドレス等の入力のみで気軽にフォームを送信できます。

 

Data_security_after panda

 

あらゆるチームの最適化に

 

主な機能をご紹介:

 
①豊富なテンプレート

必要に応じてITや人事、法務など、あらゆるチームに向けたテンプレートが入手可能です。一からフォームを作る必要がないので、簡単にJSMを使い始めることができます。また、テンプレートからフォームを作成する際にも柔軟なカスタマイズが可能です。
②社内ワークフローの最適化にも

JSMの合議承認機能により社内のワークフローも簡単に管理することができます。JSMを使って申請をする際に、特定の人数や人物が承認をすると自動で次のステップに進むなどの設定が可能です。このような自動化により、社内のワークフローの最適化にもJSMを役立てることができます。(なお、承認者はライセンスなしでJSMを使用できるので、追加費用はかかりません。)
 


 

**the image above is designed by freepik

スピード感ある的確なサポート

困ったことがあったらすぐに対応!

完全オンライン対応

ビデオ会議ツール Zoom を使って、完全オンラインでサポート致します。場合によっては、現地に行って対応することも可能です。

いつでもどこでも

録画動画で何度でも製品トレーニングを受けることができます。お客様の中には、トレーニング後に復習として、繰り返しご覧になる方もいます。

継続的な改善

弊社は一般的なSlerとは異なり、導入後も継続的な改善を行います。サービスを最大限に活用し、普段の業務をもっと楽にしていきます。

 

INNOOVは、製品紹介サイト『G2.com』で高評価のソフトウェアのみを取り扱っています。

グローバルな良い製品とともに最高のエクスペリエンスをお届けします。

Jira Service Managementで最適な問い合わせを

導入はINNOOVにお任せください

お問い合わせボタン 赤 (1)

よくある質問(FAQ)